【黒ずみクリームランキング】デリケートゾーンや肘膝の黒ずみケア

黒ずみクリームのランキングをデリケートゾーンや肘膝などの黒ずみに効果的な物を中心にご紹介!おすすめはトラネキサム酸配合のものを選ぶこと!市販では買えない黒ずみクリームを口コミや価格に注目して比較しご紹介します。効果のない黒ずみクリームで失敗しない為にも必見!

未分類

【黒ずみクリームの効果】市販のクリームはおすすめできない?

更新日:



黒ずみクリームの中には、市販のドラッグストアなどの店舗で販売されている安いクリームから、市販では売っていないこだわりの黒ずみクリームまで、様々なものがあります。

では、そんな黒ずみクリームの中で、黒ずみに対して効果がある人気の黒ずみクリームはどれか?

また、人気の黒ずみクリームは実際に黒ずみに対して効果があるのか?
ここでは黒ずみクリームの黒ずみに対しての効果について、黒ずみの原因や配合されている有効成分から検証し、詳しくご紹介していきます。

ぜひ黒ずみの原因や黒ずみクリームの効果について知り、あなたにとってピッタリな黒ずみクリームを見つけて行ってください。

女性の黒ずみの根本的な原因はこの4つ!


女性を悩ませる元となる黒ずみは体の様々な部位でできてしまい、人によってその症状や悩みも様々です。

では、そんな黒ずみはそもそも何が原因でできてしまうのか?

黒ずみクリームの効果について検証していく前に、まずは黒ずみの根本的な原因や対策について知り、適切な黒ずみ対策を行っていけるように黒ずみに対する知識を理解しておきましょう!

じつは、黒ずみの根本的な原因というのは、大きく分けると4つに分類することができます。

その4つの原因とは「肌荒れやかぶれによる黒ずみ」「肌への刺激がもとでできる黒ずみ」「肌の乾燥によってできる黒ずみ」「妊娠によってホルモンバランスが崩れてできる黒ずみ」で、各原因によって予防法や対策の仕方が大きく変わってきます。

ですので、肘や膝、脇、デリケートゾーン、お尻や顔など、全身のあらゆる部分でできる黒ずみであっても、この4つのどの原因で黒ずみができてしまっているかを知ることで、あなたにおすすめの改善方法がどれなのか?明確に知っていくことができるようになるでしょう!

まずはそんな「黒ずみの根本的な4つの原因」について詳しくご紹介していきますので、黒ずみについての理解を深めたうえで黒ずみクリームの効果についてみて行きましょう!

【黒ずみの原因1】肌荒れ・かぶれ


黒ずみができる理由として1つ目に考えられるのが「肌荒れやかぶれによる黒ずみ」です。

肌荒れやかぶれによって肌がダメージを受けてしまうと、肌を守るために肌内部でメラニンが生成され、色素沈着を起こしてしまいます。

本来ならば、1度ダメージを受けたくらいで黒ずみとして残り続けることはあまりないのですが、肌荒れなどが長引き長期にわたって肌がダメージを受け続けるとたくさんメラニンを生成してしまいシミ・黒ずみができやすい状態になってしまいます。

また、ダメージを受け続けることで肌のターンオーバーが乱れてしまい、色素沈着が肌に残ったままになってしまってシミ・黒ずみになってしまうのです。

この黒ずみはアトピーなどの皮膚炎の方や敏感肌の方などに多く、長い間炎症が続いてしまい肌が落ち着かず、皮膚が黒ずむまでメラニンが発生してしまっている状態の場合に引き起こされることが多いのが特徴です。

肌の異常を改善し、炎症を抑えることで黒ずみをできにくくしていく努力が必要ですので、保湿を徹底し、炎症の起きにくい生活を送っていくことが刺激による黒ずみの改善には重要となるのです。

【黒ずみの原因2】肌への刺激


2つ目は「肌への刺激によってできる黒ずみ」です。

この黒ずみは主にデリケートゾーンやお尻、肘膝などの関節、脇などにできやすいものである場合が多く、ブラやパンツなどの下着の摩擦による刺激や、肘や膝をよくつくことがあったりする場合などにできやすい黒ずみです。

これも肌荒れやかぶれによる黒ずみと似たような経緯でできる黒ずみで、肌に対する刺激や締め付け、こすれなどによって肌を守ろうとメラニンを生成してしまう事が原因となって引き起こされる黒ずみです。

主に肌をかきすぎたり、サイズの合っていない下着を着用していたりすると黒ずみができてしまいやすくなるります。

特にデリケートゾーンの場合はこの下着による影響や洗う際に強く洗いすぎるなどで外部からの刺激を受けやすく、肌もデリケートなために黒ずんでしまう場合が多いのです。

肘や膝の場合は、例えば保育士さんのような膝をよくつく仕事をされている方などはできやすく、黒ずみによって悩まされている方も多い印象です。

刺激によってできる黒ずみには、とにかく刺激自体を減らす事と、刺激に強い肌を作ることに注目して黒ずみケアをしていくことが大切です。

下着を適切なサイズの物に変え、洗うときは優しく、できる限り肘や膝をつかないように・・・

普段から気をつけながら黒ずみケアを行っていきましょう。

脱毛やムダ毛処理の刺激でも黒ずみはできる!


刺激によってできる黒ずみの中でも、特に脇にできる黒ずみで多い原因が「脱毛やムダ毛処理による刺激でできる黒ずみ」です。

脱毛のレーザーによって肌が受けるダメージや、ムダ毛の自己処理の際に肌にダメージを受けてしまうなど、脱毛やムダ毛処理で受ける肌のダメージはとてもおおきなものになります。

ですので、そのような刺激によって肌はメラニン生成を促進させてしまい、色素沈着を起こして黒ずみを作ってしまう事があるのです。

レーザー脱毛によって脇やvioのムダ毛処理を行う際には、このことも頭に入れて行う必要がありますのでしっかり黒ずみケアも行いながら脱毛に臨んでいきたいところです。

【黒ずみの原因3】肌の乾燥


3つ目の「乾燥による黒ずみ」は、必ずしも全てが直接的な黒ずみの原因になるわけではありませんが、乾燥によって肌のバリア機能が低下し、刺激に対して敏感になってしまう事で黒ずみが引き起こされてしまう場合があります。

あまりにも乾燥し過ぎると肌を守ろうとメラニンが分泌され黒ずみができる事がありますが、ほとんどの場合は「刺激に対して弱くなったことで黒ずみができやすくなる」という事ですので、そのように覚えておくとよいでしょう。

乾燥が原因で黒ずみやすくなってしまう肌には、保湿を徹底する事が重要になりますので、保湿を行いながらできてしまった黒ずみに対して対策をしていく必要があります。

お尻や肘膝、顔などの部分で起こりやすいものですので、乾燥して黒ずみができやすくなってしまわないように保湿に気をつけて黒ずみケアしていってください。

【黒ずみの原因4】妊娠


最後に4つ目が「妊娠によるホルモンバランスの変化が原因の黒ずみ」です。

これは、女性特有の悩みと言えますが、
妊娠した時に急に、お腹や脇、首や胸、デリケートゾーンなどの全身で黒ずみができやすくなったという方はかなり多く、約9割の妊婦さんに起こる生理的変化なのです。

妊娠すると、出産までの間に女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」が大量に分泌され、これらの女性ホルモンの影響でメラニンが増え、色素沈着が起きやすくなってしまいます。

特に脇や乳首、乳輪、足の付け根やデリケートゾーンの外陰部は元々メラニンが多い部位のため、妊娠中に黒ずみに悩んでしまい、産後もそのままなかなか改善しないという方がおられるのです。

お腹の中心にできる正中線もその一つで、これらの黒ずみは、産後にはどんどん薄くなっていくものですので、あまり過度に心配する必要はないのですが、中には脇の黒ずみが治るのに2年もかかってしまったという方もおられるので、早く黒ずみを改善したいとお考えの方は、放置せずにきちんと黒ずみケアを行いながら改善を図っていく方が良いでしょう。


黒ずみに効くと言われている成分にはどんなものがある?


黒ずみ対策のために黒ずみクリームを選棒と思った時に効果を実感する上でとても大切な要素が「配合されている成分がどのようなものなのか?」という事です。

配合されている有効成分によって黒ずみに対しての効果が大きく変わり、ケア方法などの特徴も違うからです。

ですので、黒ずみに対して効果的と思われる成分について、3つの成分をご紹介しそれぞれの効果について検証していきますので、ぜひ参考にしていただき効果的な黒ずみクリームを選んでいってください!

尿素クリームが黒ずみに効く?

尿素配合のクリームは黒ずみに対して効果的とされていますが、尿素クリームの場合は「乾燥による黒ずみ」の予防に対しては有効です。

ですが、尿素自体には色素沈着の改善効果は残念ながらありません。
尿素には黒ずみの元凶であるメラニンの発生を抑制したり新陳代謝を促したりする作用は無く、保湿効果があるために乾燥を防ぐことができるだけなのです。

ですので、黒ずみに効くというよりは乾燥を防いで「乾燥による黒ずみを予防する」という事が可能というわけです。

乾燥がひどく、それが原因で黒ずみができてしまう人には良いかも知れませんが、黒ずみ自体を改善したいという方にはおすすめできません。

黒ずみケアクリームで最も有名なハイドロキノン

ハイドロキノンにはシミやそばかす、黒ずみの原因となるメラニン色素の発生を抑える作用だけでなく、メラニン色素を作るメラノサイトという細胞そのものを減少させる働きがあります。

ですので、多くの黒ずみクリームにハイドロキノンは使用されており、市販の安いクリームから医薬品として処方されるものまでたくさん種類があることから「黒ずみに効く成分といったらハイドロキノン」と言われるほど人気の成分です。

ただし、ハイドロキノンは刺激が強く、人によっては使用すると痛みや肌荒れ、赤みなどの副作用が出てしまう場合もあるため、どのくらい配合されているか?という事に対し注意が必要です。

副作用がある分、成分が多く入っていれば良いというわけではないのです。

黒ずみに対してはトラネキサム酸配合クリームがおすすめ!

トラネキサム酸はハイドロキノン同様に、肌の炎症を抑えたり黒ずみやシミ、そばかす、くすみの原因となるメラニン色素を作るメラノサイトを減少させたりする効果があります。

先ほどご紹介したハイドロキノンは日本人の肌には刺激が強く副作用の心配がありましたが、トラネキサム酸は副作用の心配が無く刺激も少ないことから、日本人の肌には合い、黒ずみ対策用クリームの成分としては最もおすすめな成分なのです。

デリケートゾーンのような敏感な部分にも使用する黒ずみクリームですので、安心で安全な上に効果の高いトラネキサム酸は副作用を心配する多くの女性に対してとても人気です。

黒ずみに効く人気おすすめクリームはこれ!


黒ずみに対して効果的で、デリケートゾーンのような敏感な部分のケアをする場合にも最もおすすめな黒ずみクリームは、「トラネキサム酸配合のイビサクリーム」です。

まずトラネキサム酸配合の黒ずみクリームがおすすめな理由は、肌の炎症を抑えるだけでなく、シミやそばかす、黒ずみやくすみの原因となるメラニンを発生させるメラノサイトを抑制する効果があり、ハイドロキノンのように刺激が強くはなく、安心してデリケートゾーンなどの敏感な部分にも使用していくことができるからです。

そしてトラネキサム酸配合の黒ずみクリームは、市販のドラッグストアなどで売っている安いボディークリームより、市販では売っていない「イビサクリーム」がおすすめです。

イビサクリームはデリケートゾーン用につくられた黒ずみクリームですが、全身に使用する事ができ、トラネキサム酸の配合量も多い上に無添加で安心して使用する事ができるからです。

市販の安い黒ずみクリームは、成分自体があまり入っていない場合が多く、黒ずみの改善よりは保湿をメインとしているものが多いのであまり黒ずみ対策におすすめとは言えません。

黒ずみに直接的に働きかける有効成分が入っている場合もありますが、そのような場合は、あまりデリケートな部分に対しての配慮がされていなかったり、配合量自体が少ない場合がほとんどです。

イビサクリームはデリケートな部分に使用する事を考えて作られているからこそ、安心して使用していくことができますし、しっかりと黒ずみに対して働きかけられるように成分に対してもこだわって作られているので、市販の黒ずみクリームよりも断然おすすめなのです!


黒ずみクリームの即効性には期待できる?


黒ずみはデリケートゾーンや脇、肘膝などの体の様々な部分にでき、目立ってしまうことからできる事なら短い期間で早く改善してキレイな肌になりたいところ。

では、黒ずみクリームはそのような黒ずみに対して即効性はあるのか?
実際のところ、残念ながら黒ずみクリームには数日や数週間で驚くほどの効果を期待できるようなものではありません。

黒ずみは肌の細胞が色素沈着を起こしている状態です。
その色素沈着した細胞をきれいに取り去るには、肌がターンオーバーによって新しく生まれ変わる必要があります。

ですので、肌が生まれ変わる期間によって効果の出かたには個人差はあるものの、少なくても数カ月は使用してみて効果を見るのが最もおすすめです。

中には「黒ずみクリームを使用して数週間で効果を実感できた!」というような方もおられますが、必ずしもすべての人がそのような効果を実感できるわけではないという事を理解しておきましょう。

黒ずみクリームは顔に使って効果あるの?


顔にできるシミやそばかす、くすみや黒みなども女性を悩ませる原因となりますが、黒ずみクリームはそのような顔の黒ずみに対して効果的なのか?

黒ずみクリームは顔の黒ずみに対しても効果に期待できますが、黒ずみクリームは主にくすみや黒ずみに対して高い効果を発揮しますので、顔のシミやそばかすについては美白化粧品のシミケア製品を使用するのが最もおすすめです。

また、毛穴の黒ずみなどに関して言うと、これは原因も対策も違うものとなりますので、毛穴の黒ずみに関しては別の物を使用していきましょう

鼻の黒ずみにはクリームより洗顔

鼻の黒ずみに悩む人の奥は、色素沈着が原因の黒ずみというよりは毛穴の黒ずみによる悩みを持っている方がほとんどのように思います。

いちご鼻のように角栓による毛穴の詰まりや開きが原因の物には、黒ずみクリームよりも洗顔やスキンケアで対策していくことがおすすめです。

口周りの黒ずみには黒ずみケアクリーム

頬や鼻の黒ずみとは違い、口周りには色素沈着による黒ずみができやすい傾向にあります。

それは、口周りは頬や鼻などに比べて皮膚が薄く、刺激に対しても敏感だからです。

このような口周りの黒ずみに対しては黒ずみクリームは効果的で、色素沈着した肌に対してしっかりと有効成分が働いてくれることでしょう。

目の周りに黒ずみクリームを使う場合は注意が必要!

目尻や目の下、目元などの目の周りの黒ずみも、できると分かりやすく悩まれている方が多い症状の一つ。

目の周りも口周り同様に皮膚が薄く、メイクや擦ることによる刺激で色素沈着を起こしやすい部分です。

そんな目の周りに対しても黒ずみクリームは効果的なのですが、目の周りの場合は、目に黒ずみクリームが入ってしまった場合、目が炎症を起こしたりする可能性もあるため注意が必要です。

目には入らないように注意しながら使用していきたいところです。

毛穴の黒ずみには市販の黒ずみケアクリームよりも正しいスキンケアを

顔の黒ずみに対しての対処法として正しいケアは、黒ずみクリームで色素沈着に対するケアと、清潔を保つことによる毛穴の詰まり・黒ずみケアの2つです。

毛穴の黒ずみに対しては残念ながら黒ずみクリームは効果がありませんので、正しい洗顔やスキンケアによって毛穴の開くや汚れ、黒ずみをケアしていくことが重要です。

体の黒ずみに対する黒ずみケアクリームの効果


黒ずみクリームは顔に使用するよりも体の黒ずみに対して使用する方が効果を実感しやすくおすすめです。

デリケートゾーンや脇、肘膝などの悩みむ方が多い部位以外にも、首や背中、お尻や腰など、様々な部位の黒ずみ対して使用していくことができます。

各部位の黒ずみの原因について、初めに紹介した黒ずみの原因中から理解し、その原因に合った適切なケア方法で黒ずみ対策をしていってください!

デリケートゾーンの黒ずみに対する黒ずみクリームの効果


デリケートゾーンは他の部分よりも刺激や蒸れにが原因で黒ずみやすく、悩む方も非常に多い部位ですが、黒ずみクリームはそんなデリケートゾーンに対してもとても効果に期待できます。

中にはデリケートゾーンの黒ずみのためにつくられた専用の黒ずみクリームもありますので、そういった黒ずみクリームでケアしながら、洗う際にも正しい洗い方で股やvioゾーンに刺激をなるべく与えない方法で黒ずみ対策をしていきましょう!

ビキニラインの黒ずみにも黒ずみクリーム!

ビキニライン(Vライン)や股関節の黒ずみは下着の擦れ屋蒸れなどが原因となって黒ずみができてしまう場合が多く、下着を正しいサイズに変えたり黒ずみクリームでしっかりとケアしていくことで黒ずみの悩みを解消していくことができます。

黒ずみを消してキレイなビキニラインで海で楽しめるように、しっかりとケアして黒ずみを治していきましょう!

デリケートゾーン用の黒ずみクリームは市販品はおすすめできない

デリケートゾーンの黒ずみは、肌の中でも比較的刺激に敏感な部分のvioラインにできる黒ずみですので、デリケートゾーン用に作られた、黒ずみに対して効果的かつ安全な黒ずみクリームを使用していくことが重要になります。

市販の安い黒ずみクリームではあまり効果に期待できない上に、安全性の面から考えてもあまりおすすめできません。

ですので、デリケートゾーンの黒ずみに対しては、市販では売っていない、デリケートゾーン用の黒ずみクリームである「イビサクリーム」が最もおすすめです。

デリケートで刺激に弱い部分だからこそ、こだわって作られた黒ずみクリームで安心して黒ずみケアしていきたいところです。


肘や膝の黒ずみにも黒ずみクリームが効果的!


肘や膝はどこかにつくことで受ける刺激や衣類との摩擦によって受ける刺激によって黒ずみができてしまう事が多い部位です。

そんな肘や膝の黒ずみに対しても黒ずみクリームは効果的で、デリケートゾーンなどの黒ずみに比べると刺激を受けることが多い分即効性には期待できないものの、しっかりと使っていくことで黒ずみをケアしていくことが可能です。

黒ずみを消してキレイな肘膝になりたい方は、まずは黒ずみクリームで保湿と改善を図っていきたいところです。

指の関節に黒ずみクリームは効果的?

肘や膝のような関節とは違い、指の関節にも句をず身ができることがあります。

そのような指の関節の黒ずみに対しても黒ずみクリームは効果的と言えます。

できる限りこのような部分には刺激を与えないようにして黒ずみクリームでケアしていきましょう。

黒ずみクリームで胸の黒ずみも除去!


胸の下や間にできる黒ずみは、バストが大きい方になりやすい傾向があるようで、そのような黒ずみに対しても、刺激を受けることをさけ、黒ずみクリームでケアしていくことがおすすめです。

しっかり保湿とターンオーバーの正常化を図ることで胸の黒ずみも改善していくことでしょう。

バストトップ黒ずみには黒ずみクリームはおすすめ

胸の黒ずみの中でも、特にバストトップの黒ずみは彼氏などに見られて恥ずかしいと感じてしまう部分ですが、そのような乳首や乳輪部分の黒ずみに対しても黒ずみクリームは効果的です。

ピンクのバストトップには皆憧れるもの。

黒くて遊び人と思われてしまわないかと心配な方も黒ずみクリームでバストトップの黒ずみをしっかりとケアしていきましょう!

脇の黒ずみにも黒ずみクリームはおすすめ


脇は脱毛やムダ毛処理の刺激によってとても黒ずみのできやすい部分です。

自己処理の場合は脇を傷つけてしまいやすく、毛穴がブツブツでざらざらな上に黒ずんでいるなんて方も中にはおられるのではないでしょうか?

脇の黒ずみのような脱毛や擦れでできてしまう黒ずみには、しっかりと色素沈着に働きかけてくれる市販には売っていない効果の高い黒ずみクリームがおすすめです。

黒ずみクリームで足の黒ずみも消える?


太ももやふくらはぎ、すねやかかとなどの足にできてしまう黒ずみは、あざや傷跡が原因でできてしまう黒ずみが多く、また、中にはスキニーパンツなどのピッタリとしたパンツをはいている場合にも黒ずみはできやすくなります。

このような黒ずみには、まずは刺激を軽減する努力が必要ですが、黒ずみクリームで保湿と摩擦軽減することで黒ずみをよ追うしていくことができますし、できてしまっている黒ずみに対しても新陳代謝を促して改善を図ってくれるので、黒ずみクリームでのケアも有効です。

黒ずみクリームは腕の黒ずみにも


腕にできる黒ずみも足にできる黒ずみと同じような原因で黒ずんでしまっている場合が多く、足の場合と同様に、刺激を軽減する努力と黒ずみクリームによる保湿と新陳代謝の向上効果によって予防・対策をしていくことができるでしょう!

衣類との摩擦と乾燥を防ぎ黒ずみクリームでしっかりと黒ずみケアしていきましょう!

体の様々な部位で市販では売っていない黒ずみクリームが有効!


体の様々な部位に対する黒ずみの原因や黒ずみクリームの効果についてご紹介してきましたが、体の黒ずみは主に刺激や乾燥原因となり黒ずみを引き起こしてしまっている場合が多いので、黒ずみクリームで改善を図っていくことはとても効果的な手段と言えます。

では、体の様々な部位に対して効果的な黒ずみクリームでおすすめな物はどれなのかというと、体の黒ずみにおすすめな黒ずみクリームは、ドラッグストアなどの市販の店舗などでは売っていない、効果性と安全性にこだわって作られた黒ずみクリームが最もおすすめです。

さらに、その中でも「トラネキサム酸配合のイビサクリーム」は、他の黒ずみクリームに配合されているハイドロキノンよりも安全で効果的なトラネキサム酸を配合しており、デリケートゾーン用に作られたことから肌への安全性にもかなりこだわって作られた黒ずみクリームですので非常に人気でおすすめです。

体の黒ずみを改善してキレイな肌を目指すならイビサクリームで黒ずみケアしていくのが最も近道なのです!


黒ずみクリームは男性にも効果的なのか?


男性でも、デリケートゾーンなどの足の付け根や乳首、顔の黒ずみに悩んでいる方はおられますが、そんな男の黒ずみに対しても黒ずみクリームは効果的なのか?

男性の黒ずみには主に2種類の黒ずみの悩みがあり、各黒ずみにに対してケア方法は大きく変わります。

ここでは、そんな男性の黒ずみに対して効果的な方法として黒ずみクリームはどのように効果的か?検証してご紹介していきたいと思います!

男の顔の黒ずみはケア方法が違うので注意!


男性の黒ずみの悩みで1つ目に多いものが、顔の毛穴の詰まりや開きが原因で引き起こされる黒ずみに対しての悩みです。

そしてもうひとつが女性と同じ、肌の色素沈着が原因で引き起こされる黒ずみに対する悩みです。

男性の顔の黒ずみに対する悩みは、1つ目の毛穴の詰まりや開き、詰まった角栓の汚れによって毛穴が黒ずんでしまう事によって起きる悩みですので、残念ながら黒ずみクリームでケアしたところでその悩みを解消することはできません。

鼻が黒ずんでしまっているいちご鼻や口周り、頬の毛穴が黒ずんでしまっているものに対しては、正しい洗顔方法とケア方法で対策していくことが最良の手段だと言えます。

男の鼻の黒ずみは毛穴の開きと汚れが原因


男性の顔にある黒ずみの悩みで多いのが鼻の毛穴の開きや詰まり、角栓の汚れによって引き起こされるいちご鼻のような黒ずみです。

小鼻や鼻のてっぺんが黒ずんでブツブツとしてしまう黒ずみですが、これは毛穴の開きと汚れが原因のためそこの改善を図るのが最も効果的です。

男の黒ずみはニキビが原因?

男性の鼻の黒ずみは、実は毛穴の開きや詰まり、汚れによって起きる黒ニキビの影響の場合もあります。

このようなニキビができないようにするには、適度にピーリングなどをして毛穴を引き締める角質除去ケアをしていくことが大切です。

男の鼻の黒ずみ除去には適切なスキンケアで毛穴の開きを改善

ここまででご紹介してきたように、男性の顔の黒ずみに対しての悩みは毛穴の開きや詰まり、汚れによるものです。

ですので、そのような黒ずみに対しては、正しい洗顔方法で毛穴をきれいに保つことや、しっかりとスキンケアを行い毛穴を引き締めて行くことがとても重要です

洗顔料、化粧水、乳液やクリームなど、毛穴の引き締めと清浄化効果のあるものを使って悩ましい「いちご鼻」を改善していきましょう!

黒ずみクリームでメンズの黒ずみ対策!


男性の黒ずみの種類として2つ目の「色素沈着による黒ずみ」に対しては、先ほどご紹介した「毛穴の開きや詰まりが原因の黒ずみ」に対する対処法とは違い、黒ずみクリームによるケアが有効となります。

男性の場合も女性と同様に、刺激や乾燥などにより肌が黒ずみ悩んでしまう方はおられます。

そんな色素沈着による肌の黒ずみに悩まされる男性も黒ずみクリームでケアしてキレイな肌を目指していきましょう!

意外に多い!男のお尻の黒ずみに対する悩み!

男性の黒ずみに対する悩みで意外に多いのが、「お尻の黒ずみ」に対する悩みです。

お尻の黒ずみは座り仕事をしている人にできやすく、女性ほどではないですが悩まれている方がおられます。

このようなお尻の黒ずみに対してのケアは、できる限り座りっぱなしなどでお尻に刺激を与え過ぎないように気をつけて行くことや黒ずみクリームなどで保湿と共に改善を図っていくことが重要です。

キレイなお尻で後ろから見られることを億劫に感じることが無くなるように、しっかりとケアしていきたいところです。

男のデリケートゾーンの黒ずみにも黒ずみクリームで対策!

男性も女性と同じようにデリケートゾーンの黒ずみに悩むことがあります。

男性は女性とは違い、大事なものが付いていることで起きる摩擦などの刺激がありますので、意外とまたずれなどによる股間の黒ずみができやすいようです。

また、女性同様に下着に夜摩擦や下着跡で黒ずんでしまう事もあるようですので、このような黒ずみに対しては、刺激をできる限り減らしていくと共に黒ずみクリームで保湿と新陳代謝の向上を行ってケアしていくことが重要です。

男も脱毛が原因で黒ずみができる!?


最近では男性でも体のムダ毛処理を行ったり脱毛する事が増えていますが、それに伴って脱毛やムダ毛処理による刺激が原因の黒ずみも増えてきてしまっているようです。

そのような脱毛やムダ毛処理による黒ずみのケアにも黒ずみクリームは効果的に使用する事ができます。

デリケートゾーンやお尻など、永久脱毛を行った方も黒ずみクリームでぜひ改善を図っていきたいところです。

男性の黒ずみにおすすめの黒ずみクリームはこれ!


男性の黒ずみに対しても、女性同様に黒ずみクリームは大きな効果を発揮してくれます。

男性だからと特別変わった黒ずみクリームを使用した方が良いという事は特にありませんので、黒ずみクリームを選ぶ際には、クリームの有効成分や安全性に注目して選んでいくことが重要となります。

男性にもおすすめな黒ずみクリームは市販には売っていない、「トラネキサム酸配合のイビサクリーム」で、イビサクリームは男性に対しても効果的なだけでなく、安全面でも安心して使用していくことができるでしょう!

ぜひイビサクリームのような安全で効果に期待できる黒ずみクリームで全身の黒ずみケアを行ってキレイで自慢のボディーを手に入れてください!

-未分類

Copyright© 【黒ずみクリームランキング】デリケートゾーンや肘膝の黒ずみケア , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.